トップ > 米粉の展示会 >第26回インターフェックス ジャパン 出展報告

 展示会の報告 

 

第26回インターフェックス ジャパン出展報告  

 2013年7月10日(水)~7月12日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて第26回インターフェックス ジャパンに弊社も出展致しました。

猛暑の中、弊社ブースにも非常に多くの方々にお越しいただき、誠に有難うございました。

 

会期3日間での来場者数(主催者速報より)

7月10日(水) 10,246人
7月11日(木) 11,251人
7月12日(金) 11,265人
合計 32,762人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回出展した主な機器は「自動計量充填機 Nパックスケール」と「GMP対応振動ふるい機」です。いずれの機器もサニタリー性、簡易分解を重視して製作されたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【エヌパックスケールNWC80とNWT101M】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【エヌパックスケールNWC18M】

エヌパックスケールは、写真の3台に原料を入れて実演しました。
計量充填精度の高さとスピードをたくさんの方々に見ていただけたかと思います。
分解清浄が簡単であることも説明させていただきました。
実際に手作業で計量しており、人的負担がかかっている。良く誤差が出る。
今使っている計量充填機と原料がマッチせず、精度が低いので困っている。
などなど…。
非常に多くの方々からご相談をいただきました。
エヌパックスケールによって解決できれば何よりです。

 

エヌパックスケールの実演動画をYOUTUBEにアップしております。
ご興味のある方は、下記リンクより是非ご覧ください。

①粉体用自動計量機 Nパックスケール(スクリューフィーダー)

http://www.youtube.com/watch?v=gk1p3UKbPwE&feature=em-upload_owner

②粒体用自動計量機Nパックスケール(振動フィーダー)

http://www.youtube.com/watch?v=UoEZgm05tk8&feature=em-upload_owner

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【GMP円形対応振動ふるい機】

GMP対応円形振動ふるい機のウリは、何と言っても分解洗浄のしやすさです。
展示機では、多数の来場者様の前で実際に分解しながらPRさせていただきました。
細かく見てくださる来場者様には、表面仕上げ、バリなどがなく、非常に綺麗との評価も多数いただきました。
振動ふるい機シリーズでは、こちらのGMP対応に加え、今回展示しておりましたエアー駆動によって、防爆エリアでも使用可能な小型タイプ、その他にも独自構造による大容量異物除去用超強力タイプのメガシフター
(http://www.econmw.co.jp/senbetsu_m.html)
など、それぞれのニーズに合わせたタイプのものを御用意しております。是非リンクをご覧いただくとともにお問い合わせお待ちしております。

 

改めましてこの度は、弊社ブースへお越しくださいました方々に厚く御礼申し上げます。これを機会に末永くお付き合いいただけますよう宜しくお願い申し上げます。

木下