トップ > 米粉ができるまで > 気流粉砕機とは?

気流粉砕機とは?

気流粉砕機なら精密な粉砕ができます

気流粉砕はでんぷん損傷を抑え、アルファ-化を防ぎ、水分調整やシャープな粒度に粉砕できます。また、当社の気流粉砕機”スーパーパウダーミル”は湿式製粉が可能な製粉機です。
細かくて粒度分布がシャープな米粉ができるよ

マメ知識

気流粉砕した米粉が米粉麺やパンに最適な理由/上新粉との違い
  • 職人技術を必要とせずに安定した米粉ができます。
  • 湿式気流製粉ならばでんぷん損傷が少ないんです。
  • 湿式、乾式問わずシャープな粒度分布が可能です。

西村機械製作所の米粉製粉設備のご紹介

新規米粉用気流式微粉砕機スーパーパウダーミル

米本来の成分を生かす粉砕方法が重要です。でんぷん損傷を抑え、アルファ-化を防ぎ、水分調整やシャープな粒度に粉砕できます。また、当社の気流粉砕機”スーパーパウダーミル”は湿式製粉が可能な製粉機です。

スーパーパウダーミルが可能にした微粉砕
気流粉砕機 スーパーパウダーミルと衝撃粉砕機による米粉表面のでんぷんの比較

でんぷん損傷度の低い米粉はパンや麺の加工に適しています。
湿式かつ気流粉砕による米粉の表面にはでんぷんが多くあることがわかります。

左:気流粉砕機 スーパーパウダーミル(湿式)、右:衝撃粉砕機(乾式)

他の粉砕機との粒度の比較

安定した食品加工には細かく、粒度の揃った米粉が必要です。
気流粉砕機スーパーパウダーミルで製粉した米粉は細かく、粒度にばらつきがありません。

比較



スーパーパウダーミルの特長
  • 湿式粉砕が可能、玄米粉砕も可能。
  • 原料同士がぶつけ合って粉砕される自己粉砕方式のため、粉砕時の衝撃力がやや小さく
    且つ短時間で粉砕されるため、でんぷん損傷を受けにくくなっています。
  • 空気の発生量が多く、粉砕媒体としての役割を果たすため温度上昇が少ない。アルファー化の心配がありません。
  • 設定する粒度に粉砕されるまで機内に滞留し続ける機構であるため、粉砕分布がD50が25~45μmと細かく、且つ粒度分布もシャープです。
  • 粒度分布がシャープなためふるい機の負担が軽減されます。
  • 気流乾燥とのユニットにより粉砕後の含水率を一定に出来ます。
  • 容易にケージングが開閉でき、掃除が簡単です。
  • 米粉以外にも小麦、香辛料、そば、そのほかの食品にも適用可能です。
スーパーパウダーミルの構造

原料はライナーに衝突と高速回転によって起こる粒子間の破砕、摩擦を繰り返し細かく粉砕します。
粉砕され軽くなった米粉は上昇して、所定粒子を上部ファンで機外に排出されます。

左:米粉の動き、右:稼働時外観・清掃時内部 メンテナンス時の清掃を考慮した設計です。



能力と機種
  SPM-R200 SPM-R290 SPM-R430 SPM-R750 SPM-R1050
処理能力(kg/hr) ~30 ~100 100~200 200~500 600~1000
ローター径(φ) 180 290 430 750 1050
電動機(Kw) 3.7 15 37 90~110 200
回転数(rpm) ~8000 ~6200 ~3950 ~2500 ~1800
発生風量(㎥/min) ~3.0 ~10 ~16 ~30 ~50
概略重量(kg) 220 650 1200 3200 6500

※能力は米の種類・粒度・水分値及び粉砕目標粒子径により大幅に異なります。

香り、風味、などを損なわない粉砕機!
胴搗き製粉機とは?

米粉、米粉製粉設備に関するお問い合わせはこのフォームからお気軽にどうぞ。
お問い合わせお待ちしております!



西村機械製作所

大阪本社: 大阪府八尾市松山町2丁目6-9
TEL.072-991-2461 FAX.072-993-6334
東京支店: 東京都中央区日本橋小伝馬町7-16 4F
TEL.03-3808-1091 FAX.03-3808-0928






米粉倶楽部