トップ > 米粉記事一覧 >「米粉麺製造設備発売」

 

 米粉記事 

 

  「米粉麺製造設備発売」

【掲載紙】 農村ニュース
【発行日】 2013年04月22日(月)

 

【記事の内容】

西村機械製作所 食品機械メーカーと連携

 西村機械製作所=西村卓朗社長・大阪府八尾市松山町2-6-9・電話072-991-2461=は、食品機械メーカーの武蔵商会(東京都)と提携、米の製粉室と製麺室がある米粉麺製造設備の発売を開始した。
 農業の6次産業化推進と地域活性化に向けた設備導入や、うどん・ラーメン・パスタ店の店舗や土産物店等へ提案する。
 設備は、同社の米粉製造装置「気流粉砕ユニットSPM-R2000DU」と、武蔵商会の蒸し式ミキサー、製麺機をコラボ。設備設置に必要な広さは8坪程度から。
 自家製粉で米粉麺を使用する事で、他店舗との差別化、地域の土産物としての独自性が図れる。
 販促の一つとして「米粉麺製造入門」と題したA4サイズ4頁のカタログを作成。内容は①同社独自の湿式気流製粉と製麺の相性②製粉室と製麺室の参考レイアウト③製麺のポイント④生粉を使用した製麺テスト⑤米粉麺を使用した和・洋・中の調理例⑥自家製粉した米粉麺の優位性等―をまとめた。米粉100%の無添加米粉麺の製造入門書に仕上げた。
 同社は、米粉の普及啓蒙を目指し新しい米粉の開発や、全国各地の米の加工適性を探る製粉テスト検証等を実施している。昨年から、製パン・製菓機械メーカーのコトブキベーキングマシンと提携し「米粉使用のベーカリーショップ店舗」や米粉を使用した「こだわりパン作り」の提案をスタートさせており、米粉麺使用のショップ店舗、こだわり麺作りの提案は第2弾になる。

米粉記事一覧







米粉倶楽部