トップ > 米粉記事一覧 >「西日本最大の農業展示会、大阪で初開催」

 

 米粉記事 

 

 「西日本最大の農業展示会、大阪で初開催」

【掲載紙】 日本食糧新聞
【掲載日】 2017年4月14日(金)

 

【西日本最大の農業展示会】
≪大阪で初開催≫

 関西初の、農業に関するあらゆる製品やサービスが終結する西日本最大農業展示会「関西農業ワールド」が、大阪市住之江区のインテックス大阪で5~7日、開催された。主催はリードエクジビジョンジャパン。「農業資材EXPO」「6次産業化EXPO」「次世代農業EXPO」の3エリアに分かれた会場には、国内外農業関連企業・団体250社が出展。生産者・生産法人、JA、参入検討企業ら1万5906人が来場し、「儲かる農業」の実現に向け、情報収集に励んだ。
 西村機械製作所のブースでは、強みの気流粉砕機で、農産物直売所や研究所などに最適な、小型ながらも微細かつでんぷん損傷の少ない上質な米粉製粉が可能な「フェアリーパウダーミル」を紹介。共同出展したバームクーヘン製造機械のパイオニア・不二商会と一緒に、地元で採れたコメをその場で製粉し、乾燥工程を経ず生米粉のままバームクーヘンに加工する、6次産業化ビジネスモデルを提案した。
 両社はこの試食を提供し、しっとりモチモチ食感に来場者から驚きの声が上がった。さらに、地元産のフルーツや野菜を配合したオリジナルバームクーヘンの紹介コーナーも注目された。
さらに、グルテンフリーが注目される中、西村機械製作所が開発中の、米粉に一部配合することで、パンやスイーツを焼いた際、ふっくら軟らかく、経時劣化が少ないなどの効果が得られる「アルファー化米粉」を紹介し、試食も行った。

米粉記事一覧







米粉倶楽部