米粉ニュース

「第6回 国際6次産業化EXPO」に出展します! 

来たる2021年10月13日(水)~10月15日(金)、幕張メッセで開催されます「第6回 国際6次産業化EXPO」に出展いたします。

無料招待券をご用意しておりますので、ご希望のお客さまは下記フォームよりお申込み下さい。
※数に限りがございますので、抽選の上で発送とさせて頂きます。

開催期間 2021年10月13日(水)~10月15日(金)
10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)

▼出展情報資料はこちら▼

展示会場 幕張メッセ (アクセス)
ブースNo. 7ホール 8-6
公式URL https://www.agriexpo-tokyo.jp/ja-jp.html
協会のコロナ対策について https://www.agriexpo-tokyo.jp/ja-jp/about/statement.html
見どころ 今、米粉を使った商品は需要急増中です。自家製粉で商品づくりに取組み、地域性や個々の特性を活かしたアイデアから具体的にビジネスとして成功した事例をはじめ、米粉最新情報を発表いたします。

厨房に置けるコンパクトサイズでどなたにでも高品質な米粉を自家製粉できる小型気流粉砕機が好評です。会場では製粉実演をいたします。
米粉については当社へお任せください。
実機展示製品のご紹介

"ものづくり開発 特許取得" 『小型米粉製粉機:フェアリーパウダーミル』

 
  • 能力 ~10kg/hr
  • 澱粉損傷1%を目指す事ができる
  • 米粉食品に最適な粉が得られる
    例:洋菓子、パン、麺、その他米菓
  • 自社独自の規格の米粉が有られる
  • オンリーワン米粉商品開発ができる
  • 取扱が簡単
  • 分解洗浄可能です
【こめこ君の補助金活用マニュアル】

こめこ君の補助金活用マニュアル-ものづくり補助金「フェアリーパウダーミル」

  フェアリーパーダーミルは“ものづくり補助金&先端設備等導入計画”の活用ができます。

これからの“ものづくり補助金”は活用方法が変ります。
従来春ごろに申請を行っていましたが、申請時期が1年で4回に分けられます。計画や申請がしやすくなる模様。
またフェアリーパウダーミルは「生産性工場特別措置法」に基づき、中小企業が策定する「先端設備等導入計画」について、固定資産税をゼロとする措置に対応します。

ですからダブルでお得です。補助金の活用が「難しい、ハードルが高い」と考えている方、固定資産税がゼロになる?という疑問や対策を分かりやすく説明した冊子を作りました。
※補助金活用マニュアル希望の方、下記お問い合わせフォームに入力ください。

こめこ君の補助金活用マニュアル-2021年度主な中小企業補助金

  事業再構築補助金とは

ポストコロナ・ウイズコロナ時代の社会変化に対応するための企業に対して、思い切った事業再構築を支援する政府からの補助金のご案内です。
新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す、企業・団体等の新たな挑戦を支援します。

弊社は米粉の普及と米粉ビジネスの発展の為にお手伝い致します。しかしまずこのような補助金があるという事を知って上手に活用するために分かりやすく説明した冊子を作りました。
※補助金活用マニュアル希望の方、下記お問い合わせフォームに入力ください。

米粉通信1 取り組み事例紹介

▼pdfファイルはこちら▼
  米粉製粉機『フェアリーパウダーミル』は、使いたいときに、使いたい量だけ、手軽に米粉が作れる小型製粉機です。「地元の米を米粉にしたい。その米粉を使って商品を作りたい。」「良い米があるのに製粉機がない。」そのような要望があり、『フェアリーパウダーミル』を開発しました。今回『フェアリーパウダーミル』を採用し、異業種から米粉ビジネスに挑戦した建築業の㈱高堰組が2020年3月米粉バウムクーヘン専門店「Baumen Brothers」(群馬県邑楽町)をオープンしました。その取組をご紹介いたします。

米粉通信2 取り組み事例紹介

▼pdfファイルはこちら▼
  今回『フェアリーパウダーミル』を採用し、米粉ビジネスに挑戦した道の駅「アグリパル塩原」の取組をご紹介します。那須塩原市にある「アグリパル塩原」は、近くに大型牧場や有名な温泉郷がある「道の駅」関東有数の観光メッカの中に位置。直売所で販売している地元で自慢の大根、ほうれん草、かぶといった3大高原野菜やりんごなどの果物があり農産物が豊富です。 昨年道の駅が大幅にリニューアル。目玉としてはこれまで取り組んでいた焼き菓子などのスイーツづくりを発展させ…

米粉通信3 取り組み事例紹介

▼資料はこちら▼
  フェアリーパーダーミルは“ものづくり補助金&先端設備等導入計画”の活用ができます。
これからの“ものづくり補助金”は活用方法が変ります。
従来春ごろに申請を行っていましたが、申請時期が1年で4回に分けられます。計画や申請がしやすくなる模様。
またフェアリーパウダーミルは「生産性工場特別措置法」に基づき、中小企業が策定する「先端設備等導入計画」について、固定資産税をゼロとする措置に対応します。

ですからダブルでお得です。補助金の活用が「難しい、ハードルが高い」と考えている方、固定資産税がゼロになる?という疑問や対策を分かりやすく説明した冊子を作りました。
  1. HOME
  2. 米粉ニュース
  3. 米粉展示会
  4. 「第6回 国際6次産業化EXPO」に出展します!