米粉ニュース

「JAPAN PACK 2022」に出展します! 

現在日本では、労働人口の減少による人手不足の問題やコロナ禍の影響で外国人労働者が入国出来ない状況となっています。
このような背景もあり当社へのお問合せにも人手不足解消のため、自動化の要望が増えてきています。
また単に自動化するだけでなく、管理や監視に関しても要望が強くなってきているように感じます。

当社では計量・充填・小分けなどの作業を簡易化・安定化する要望にお応えするべく計量機事業に注力してきましたが、今回JAPAN PACK2022に出展することとなりました。2019年に続き2回目の出展となります。

展示会場では、袋や容器への小分け向けの計量機【エヌパックスケール】の展示・実演を行います。高精度な充填が可能で、他業種で採用いただいております。是非この機会に実機をご覧いただければと思います。
ご希望があれば実際に操作していただくことも可能です。

また今回は新開発しました【充填機】の展示と実演も予定しております。新発想の充填機となりますので、是非弊社ブースまでお越しいただければと思います。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

開催期間 2022年2月15日(火)~18日(金)
10:00~17:00

▼出展情報資料はこちら▼

展示会場 東京ビックサイト 西・南展示棟 (アクセス)
ブースNo. 西2ホール W2-K10
公式URL https://japanpack.eventos.tokyo/web/portal/57/event/3972/
協会のコロナ対策について https://japanpack.eventos.tokyo/web/portal/57/event/3972/module/web_page/102310/0
入場料 入場料は無料ですが<完全事前登録制>となります。
下記主催者HPより事前登録いただきますようお願いします。
来場事前登録 https://japanpack.eventos.tokyo/web/portal/57/event/3974/users/login/?ticketId=13055
見どころ <小袋の小分けに最適な自動計量機>
大・小のダブル供給機構を備えることで、計量時間を短縮しながら高精度な自動計量を可能にする粉粒体用『小分け充填計量機』を展示します!
当装置による自動計量中に、口封やラベル貼りといった別の作業を行うことが可能なため、小分け作業の省人化へ貢献します。小袋だけでなく、ボトルや皿といった容器の計量もOK。
食品では抹茶やきな粉など、化成品では酸化チタンなど手作業での充填計量が困難な粉体にも対応できます。

展示会場に少量サンプルをお持ち頂ければ自動計量の可否判断も可能です。
会場へ少量サンプルを持参頂きスタッフへご相談下さい。

また今回は新開発しました【粉体用充填機】を初出展いたします。
今までに無い発想の充填機となりますので是非弊社ブースにてご覧ください。
実機展示製品のご紹介
【スクリュフィーダ式】重量式計量機 NWC50型
  • アルミ袋・チャック付袋にも対応
  • 100g~1kgに対応できます。
  • 高い精度で安定して充填が可能
  • どなたでも簡単に操作できます。
  • 簡単に分解洗浄が出来るので、いつも清潔に使用できます!
【卓上式】自動計量機 エヌパックスケールNWC18M型
  • 卓上サイズの小型自動計量機
  • スクリュフィーダ式と振動フィーダ式の2ラインナップ
  • 流動性が悪い粉体にはスクリュフィーダを推奨
  • 秤量約1g~約10g
  • 計量対象粉体によっては1g以下の計量も可能
  • はかりを使用せずに微量供給機としても使えます
【エヌパックフィラー】初出展!新発想!充填機
  • 短時間で充填可能です。
  • 展示会でお披露目致します。(今は秘密です!)
  • 詳細は展示会場にてご確認ください!
【米粉MBペレット】新商品!バイオ対応
  • プラスチックス、バイオ対応添加剤
  1. HOME
  2. 米粉ニュース
  3. 米粉展示会
  4. 「JAPAN PACK 2022」に出展します!